健康・病気の悩みについて

サイトマップ
スピリチュアルカウンセリングのお問い合わせ

スピリチュアルカウンセリング東京・大阪・名古屋

スピリチュアルと健康

西洋医学を否定しません~スピリチュアルで何ができるのか

業界の方で、西洋医学を否定される方が時々いらっしゃいますが、私自身は全く否定しません。
これまでお話ししてきましたように、私自身も様々な病気を体験する中で、西洋医学の恩恵に預かってきたわけですし。
また、(狭い意味での)スピリチュアルの世界だけで病氣が治るという考えも持っておりません。
「餅は餅屋に・・・」の言葉どおり、専門の方にお任せした方が良い場合の方が多いからです。

では、スピリチュアルカウンセラーとして、私に何ができるのか?

それは、病気を創りだす意識の根本を掘り下げ、その人の意識のベクトルを解決に向けさせることです。

本当に良くなりたいという意識が病気を創りだす意識を上回れば、必ず現実が動き出します。
それは、直接に病気が良くなるということよりは、たとえば、本当にその病気を治してくれる医師や治療法に出会うかもしれませんし、本当に効く健康食品に出会うかもしれません。
本当に良くなりたいという意識になれば、解決のための何かをつかむことができるようになるのです。

私のスピリチュアルカウンセリングでは、その部分を取り扱います。
病気のデパートだった自分

気管支喘息、椎間板ヘルニア、肝臓病・・・僕は小さいときから病気ばかりしてきました。
入院もこれまでに2度しました。
メンタルヘルスのページに書いていますが、うつ病にもなりました。

心の状態と病気

心と病気の関係はこれまでにもたくさんの人が語ってきましたので、
ここであえて僕が話す必要はないでしょうが、代表的なものをここに書いておきます。

アレルギーなどの自己免疫性疾患のエネルギーを感じておりますと、たいていの方が自分で自分を責めておられます。
本来なら自分を守ってくれるはずの免疫が、自分を攻撃しているのだと思います。

また、病気や不調の原因になっている箇所のエネルギーを感じていると、過去世や先祖での出来事がエネルギーと滞りと結びついているように感じられることがあります。

また、怒りや恐れなどのネガティブな感情が持続すると、当然のことですが体全体の波動も下がります。
そうすると、本来なら波動が低くて共鳴することのない細菌やウィルスとも共鳴してしまうという現象が起こり、これがいわゆる感染です。

婦人科系の病気について

また、クライアントさんのお体の波動を感じていると、
異性に対するさまざまな感情が乗っかっている場合があります。
もちろん、僕は男性ですから、女性の体感覚は直接わかりませんが、かなり多くの女性のクライアントさんの体のエネルギーを感じていると、子宮の細胞に怒りのエネルギーが蓄積されているように感じるケースが時々見られます。
その理由は人によってさまざまで、
ある人は前世で男性に暴行され、以後男性は不浄なものとしてどうしても受け入れたくないと、
体の細胞が男性を拒んでいるということもありますし、
また別の女性の場合は、以前ある政治家の発言で問題になりましたが、前世において「子供を生む機械」扱いを受け、一人のちゃんとした人格として認めてもらえなかった人生を送り、自分が女性に生まれてきた運命を恨んだという場合もありました。

また、そういう女性にそのことをお伝えすると、実は婦人科系の病気になったことがあるという返事が返ってきたことも珍しくありませんでした。

病気のままでいたい意識を癒す

「良くなりたいのになかなか良くならない」という場合、
実は潜在意識の部分では良くなりたくないと思っている場合が少なくありません。
「病床利得」という言葉もありますが、病気でいることでメリットを感じているために、治りたくないという場合です。

ただ、このことを受け止めようとすると、人によっては罪悪感で自分を責め、とてもいやな気持ちになることと思います。
実際に、僕の喘息は子供の頃からでしたが、発作が出る度に「おまえが甘えているから喘息が出るんだ!」と親から怒られましたが、言われる度に「自分は病気をだしにして悪いことをしている」という罪悪感にかられて非常に傷ついたものです。
ただ頭ごなしに「病気に甘えている」と斬り捨てるのは簡単ですが、それで僕が解決できなかったのと同じで、
さらにその奥にある、「なぜ甘えたいと思うような傷があるのか」まで見ていくことが必要だと思います。

当方のスピリチュアルカウンセリングでは、意識の一番深い部分の原因にまでメスを入れてお伝えしています。

※当所では治療行為や医療行為は行っておりません。
治療・診断につきましては、日本国国家資格を有する医師にご相談ください。

ご注意:当初では治療行為および診断行為は行っておりません。

当サイトに記されている一部またはすべての情報は一般人向けに提供されています。
一般人の医療診断、疾病治療、医療処置、病気予防、または日本国免許を有する医師または医療従事者によるアドバイスの代わりとなる相談に関与するものではありません。
当方は医療アドバイスの提供、医薬品の処方、病気の診断行為を行いません。さらに、当方は日本国一般医療サービスまたは医療アドバイスの代理となる行為を提供するものではありません。
当サイトにて提供される情報に関連して直接かまたは間接的に、損失、傷害、怪我が発生するようなことがあっても、当方は責任を負うことができません。
病気その他治療問題については、日本国有資格・公認医師にご相談下さい。

以下に記載しております内容も、あくまでこれまでのカウンセリングの経験からの個人的見解であることをご了解ください。

ここには書かれていない興味深い記事がいっぱいあります。
「癒しのブログ」はこちらをどうぞ!

インターネット予約